日経225先物 ミニ

日経225先物ミニ1枚で資産構築できたとしたら・・・。そんな美味しい話があるとしたら、あなたはどうしますか?低資本ではじめられる日経225先物ミニ1枚からはじめられる資産構築法をご紹介します。

日経225先物 ミニ > 日経225先物ミニ1枚で資産構築する方法

日経225先物ミニ1枚で資産構築できたとしたら・・・。そんな美味しい話があるとしたら、あなたはどうしますか?低資本ではじめられる日経225先物ミニ1枚からはじめられる資産構築法をご紹介します。

日経225先物ミニとは

「日経225ミニ」とは日経平均株価(日経225)を対象にした株価指数先物取引で、少ない証拠金で取引することができます。大まかに説明すると、

①将来特定の日に
②日経平均株価の100倍を
③現時点で決めた約定値段で売買すると約束する


という取引を行う金融商品のこと。ただ売買の予約をしているだけのようですが、先物ミニはとても奥深いものがあります。大きな金額を少ない資金でやり取りできますが、出し入れする資金は売買差額のみ。ハイリスク・ハイリターンとはなりますが、現物取引ではできない「売り」からの取引が可能なため、下落相場でも収益を得ることが可能です。

また、日経平均連動型ETF等の現物株式と同じ金額の取引と比較すると取引手数料が安く、信用取引の際にかかる金利や貸株料などのコストもかかりません。

日経225先物ミニの特徴

 少ない資金で大きな取引ができる
日経225先物ミニではレバレッジを利用して、少ない証拠金を元手に何倍もの金額を運用することができます。
 売りから取引できる
相場が下落している局面でも、株高で売って株安で買い戻すことで差分の利益を得ることができます。

 親しみやすい日経平均株価(日経225)が対象
日経平均株価は社会や政治経済、海外経済の動きに過敏に反応するので動向が分かりやすく、初心者でも迷うこと無く取引に参加できます。

 取引時間が長い
8:45~15:15の日中の取引時間だけでなく、ナイト・セッションと呼ばれる16:30~翌5:30の間での取引も可能。

楽天証券の場合、日経225ミニの取引でかかる費用は38円/1枚の取引手数料だけ。口座管理料はかかりません。

株式の自動売買ツール

世の中にはさまざまな自動売買ツールが存在します。平均月利が30%や40%!一ヶ月で元本10万円を回収できた!などの文言で目を引いて購入を誘う売買ツールが数多く存在します。ですが、それらのツールで同じ結果を出せたでしょうか?最初は儲かったとしても、時間が経つごとに儲かるどころかマイナスになってしまうツールなど、ゴミのような売買ツールがネット上にはびこっているというのが現実です。

エクセルを使って自分でツールを作成することもできますが、エクセルを使いこなせるようになるまで時間がかかりますし、複雑な計算ロジックも自分で考えなければいけません。エクセルの勉強だけならいざ知らず、勝てる計算ロジックを考え出すのは至難の業でしょう。

なんでも無料で済ませようと生半可な気持ちで自作ツールを作るのなら、お金をかけて本当に儲かるツールを時間をかけて探したほうが合理的でしょう。

勝てるツールとは?

ここまでは売買ツールをバカにしてきましたが、本当に勝てるツールがあるとしたらどうでしょう?それほど多くのツールを見てきたわけではありませんが、本物と言えるツールは知っています。平均月利30%や一月で10万など派手な成績は出せませんが、着実に価値を積み重ねていけるツールなら目の前に存在しているのです。

そのツールの名称は『うちでのこづち』といいます。うちでのこづちはシンプルな計算ロジックを採用していて、成績は地味ですが、どんな相場にも対応できる凡庸性の高い売買ツール。自動売買ではありませんが、作業は一日数分でOK。前日のデータを入力して、表示される売買サインに従うだけです。

販売サイトを見てもらえば分かりますが、日経225先物ミニ1枚分の10万円ではじめれば、毎月16,500円の利益を見込めます。100%勝てるわけではありませんが、勝ち負けを繰り返しながら資金を着実に増やしていけるでしょう。